塗るタイプ媚薬の情報集め

現在販売している媚薬は大体三つタイプがあります。それが塗る(クリーム・ジェル)タイプ、飲む(液体・カプセル)タイプ、嗅ぐ(香水)タイプの3種類です。全てが同じ作用をするわけではないので、使用する媚薬の種類によって効果には差があります。これから塗るタイプの媚薬について紹介します。

塗るタイプの媚薬の特徴は何と言っても”女性の感度をアップさせる効果”です。香水タイプやドリンクタイプと違い、乳首や性器に直接塗ることにより、効果を発揮するクリームタイプの媚薬は3つのタイプの中で一番効果が出ます。ほとんどの媚薬は舐めても問題がなく作られており、中には甘い味や香りがするものもあります。

塗る媚薬は、性器に直接塗って使います。これは性器を直接刺激することによって感度を高める効果があります。女性ホルモン不足、アソコ愛液不足、乾燥や性交痛など病気に良い治療効果があります。塗る媚薬の作用は主に2つがあります。1つは身体が熱くなってきたり、アソコがビショビショに濡れてくるなど、身体の興奮をきっかけに心も性欲でいっぱいに満たすという作用です。もう1つは快感を増大し、オーガズムまで何回もが繰り返してくる、女性を発情状態に導く、身体を感じやすくする作用です。女性の性機能を改善して、性ホルモンを促進する作用 もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です